4159520_m

こんにちは!デザイナーの梶原です。
ここ数日ですっかり寒くなりましたね。

もう12月も中旬なのに、今年はなんだか季節感がなく通りすぎてしまった気がするのはわたしだけでしょうか......^^;

 

さて、先日クライアントの施設様からこんな相談を受けました。

施設様

何をブログに書いたら良いか、わからないんだよね......

その後、施設様のホームページを見てみると、お知らせが更新されていないまま......

これはとってももったいないことです!!どの施設様も魅力で溢れているのに!!

 

でも、「何を書いたら良いのかわからない」という施設様の気持ちもよくわかります。何事も、身近に感じてしまっていることは、誰かに伝えたりするほど特別だと思わなくなったりしますよね。

 

ということで、今回はブログのネタが考えやすくなるポイントをお伝えしたいと思います^^

なぜブログを書いたほうが良いのか?

464686_m

何を書いたら良いのかわからない......という方は、まず「なんでブログを書いたほうが良いのか」という視点で考えてみましょう。

施設様がブログを書いたほうが良い理由として、わたしは以下の4つの理由があると思います。

  • 1 検索エンジンでの検索順位を上げるため
  • 2 まだ宿泊されたことがないお客様に興味を持ってもらうため
  • 3 宿泊予定のお客様にワクワクしてもらうため
  • 4 宿泊されたお客様にリピーターになってもらうため

他にもあるかもしれませんが、まずこの4つを軸に考えてみましょう。

1.検索順位を上げるため

まず一番初めに考えられるのは、ホームページの検索順位を上げるためです。

単純に考えて、検索順位が上がる→より多くの人の目に触れやすくなる→予約してもらえる確率が上がるということです。

検索順位についてはわかりやすい記事がたくさんあるのでここでは簡単にお伝えします。

ホームページの信頼性・専門性・権威性が高いほど検索順位は上がります。「旅館・ホテルの情報がたくさん更新されていて、みる人に有益なページである」とGoogleに判断されると、検索順位が上がります。

検索結果に引っかからず、宿自体の存在も知られないままではいくら待っていてもお客さんはこないということです。

せっかく作ったホームページですので、多くの人に読んでもらいたいですよね^^

そこで、お客様が喜んでみにきてくださるような記事を書くことが必要となってくるのです。

2.まだ宿泊されたことがないお客様に興味を持ってもらうため

1の内容と少しかぶるのですが、旅行に行く時、旅先やお宿はどうやって決定しますか?口コミや雑誌、テレビなどのメディアでとりあげられていたり、最近ではinstagramのハッシュタグで検索する...という若者もいるようですが、じゃらん・楽天のような予約サイトで検索したり、検索エンジンで検索する方がやはり多いのではないでしょうか。

ホームページを訪れたときに、何年のブログやお知らせの更新がないと、「営業されているのかな...?」と不安にさせてしまうこともあるかもしれません。

些細なことでも良いので投稿していると、この宿のことをもっと知りたい!!と思ってもらえるきっかけになるかもしれません。

3.宿泊予定のお客様にワクワクしてもらうため

ホームページをみるのは、全く初めての人だけ、というわけではありません。例えば、もう宿泊の日にちは決まっていて、滞在中の予定を決めたいお客様。

そういう方々へ向けて、間近の地域のイベントや、その月のメインの御献立などをブログで紹介して、旅への期待値を上げることも可能です。

4.宿泊されたお客様にリピーターになってもらうため

すでに宿泊されたお客様がホームページをみたら...という視点で考えてみましょう。

今年は桜がきれいだったから、来年も来てみよう。もしくは、今度は紅葉の時期に行ってみたいな〜と思いながらブログの更新を楽しみにみてくださるお客様もいらっしゃるかもしれません。

また、宿泊されたお客様が周囲の方におすすめをしてくださるかもしれません。その時にも、何も更新がされていないホームページ よりも、宿の近況や周囲の観光情報がわかるホームページのほうが、親切だと感じませんか?^^

何を書いたら良いのか

2359072_m

ここからは、実際にどんな内容を書いたら良いのか、具体的な内容を考えていきたいと思います!

  • 1 宿の営業に関する連絡
  • 2 宿の中のこと
  • 3 宿の外(周辺地域)のこと
  • 4 それでもネタに困ったとき

1. 宿の営業に関する連絡

こちらはブログというより「お知らせ」の内容ですが、例えばメンテナンスで休館される場合や、昨今ではコロナ対策やGo Toの情報など、お客様に宿泊前に必ず確認しておいていただきたい連絡は、ホームページにも掲載しておきましょう。

2. 宿の中のこと

宿で毎日見る光景は、そこで働く方にとってはなんの変哲もない日常かもしれません。しかし、みる人が違えば、その方にとっては珍しかったり、またあそこでゆっくりしたいな...と思ってもらえるポイントでもあるかもしれません。

アンテナを研ぎ澄ませて新鮮な視点をもち、「こんな些細なこと.......」などと思わず、小さなことでもブログに投稿する習慣をつけましょう^^

例えば......

  • 今月おすすめの献立の内容
  • 館内のおすすめスポット
  • 館内で咲いている季節の木々など
  • 新プランの内容紹介
  • 料理長のこだわりポイント
  • 清掃スタッフのこだわり
  • 中居さん・ホテルスタッフの接客へのこだわり
  • お客様に喜んでいただくために館内で行っている取り組み

などなど、思いついただけでこんなに出てきました^^

普段現場で働いているスタッフさんでしたら、もっとアイディアが浮かぶのではないでしょうか!

3. 宿の外(周辺地域)のこと

旅行に来てもらうためには、宿がある周辺地域に魅力を感じてもらうことも大切です。その地域でしか体験できない情報は積極的に情報発信をしましょう。

  • 周辺地域のイベント・お祭りなど
  • スタッフさんおすすめの観光スポット
  • 周辺地域の魅力をまとめた記事
  • 近隣に新設されたお店など
  • 陶芸体験など、体験ができるツアーの紹介

4. それでもネタに困ったとき

ここまでで、なんとなく書いてみたいブログがイメージついたのではないでしょうか?最初は文字数やキーワードなどのことは忘れて、とにかく書いてみる!ということを意識してみましょう。

そして、それでも書けるネタがない......!!という時の最終兵器をご紹介します。

それは......

お客様からの「よくある質問」をブログのネタにすることです。

お客様からのアンケートなどで書かれていた質問内容を、ブログの記事として書くのです。

わたしはこの方法を教えてもらったとき、目からウロコでした。

何もアイディアが思いつかないときは、試してみてください^^

参考の施設様

何を書いたら良いかわからないときは、他の宿泊施設のスタッフさんがどんなブログを書いているのか知ることもアイディアを得る近道とも言えます。

ブログの更新をしっかりされている施設様のホームページをご紹介します。

グリーンランドオフィシャルホテル ホテルヴェルデ様

slide05

熊本県荒尾市のホテルヴェルデ様の公式ホームページをご紹介します。こちらのホームページでは、「新着情報」と「スタッフブログ」を分けており、どちらも定期的に更新されています。

 

スタッフブログの内容をみてみると、ホテルオリジナルのお土産の紹介や、新しいプランの紹介、人気のお部屋の紹介など、どの記事も読んでいて楽しく、よくお名前が出てくるスタッフさんは、お会いしたこともないのに親近感を感じてしまうほどです(笑)とても参考になります。

 

1人の担当者がブログを書くのではなく、数人のスタッフさんで順番を決めて書くことも、一人ひとりの負担も少なく良いかもしれませんね^^

verde_blog

おわりに

これまで、

・なぜブログを書いたほうが良いのか

・何を書いたら良いのか(具体案)

・参考の施設様

の3つに分けてお伝えしました。

何か1つでもブログの記事のネタが浮かんだ!!と思っていただけたら幸いです^^

最初から何千字も書こう!など意気込んだりせず、無理のない範囲で、日々お客様にお手紙を出す感覚で投稿していけば良いと思います^^

では、本日はこのへんで〜^-^/

またブログでお会いしましょう。